くの一牡丹 その二

"囚われの牡丹と夜鈴、拘束されて尚も責められ続けている。 深夜、屋敷の地下牢。 拘束されている牡丹と夜鈴、密かに逆転の策を練る。 半鬼の男を操る商人は、鬼の気を制御する薬「鬼越夢」を持っているはず。 牡丹と夜鈴は地下牢を抜け出し、鬼越夢が隠してある部屋に忍び込む。 ようやく薬を手に入れたところで、またも半鬼の男たちが現れる。 商人は全てお見通しで罠を仕掛けていたのだ。" くの一牡丹 その二...

くの一牡丹 その一

"ある夜、商人の屋敷にてくの一の夜鈴(やすず)は「鬼の気」に染まった「半鬼」の男たちに犯されている。 まだ処女だった夜鈴を容赦なく責め立てる半鬼。 夜鈴の頭に浮かぶのは、憧れの先輩くノ一、牡丹の存在だった。 その頃、牡丹も商人の屋敷へと侵入。 得意の忍術「影分身」で分身を二体出して、見回り兵を次々に倒していく。 だがそこへ、商人がボロボロの夜鈴を連れて姿を現す。 隙を突かれて半鬼に捕らえられてしまう...