[黒獣外伝]エルフ村の姦落 〜恥辱と快楽の宴〜  その5 HERENCIA

200702[5] "セレヌス大陸西方のエオス平原に「奉仕国家」が建国された時期―― 荒くれ傭兵団の団長である「モーガン」は、襲撃した村で極上の獲物に出会う。 ――領主の奥方であり、高貴なハイエルフ「アンナ」。 ――若き未亡人であり、稀少なダークエルフ「グレース」。 モーガンは、 美しい人妻エルフを自分達の快楽奴●にすることを決め、彼女達の大切なものを脅迫の材料にして、無理矢理従わせる。 人妻エルフ達の毅然としながらも悲愴感あふれる表情に股間を熱くしながらその気高い体と心を恥辱と快楽にまみれさせるため、様々な方法を画策していくのであった。"



今回の記事の商品はコチラから購入可能


[黒獣外伝]エルフ村の姦落 〜恥辱と快楽の宴〜

[黒獣外伝]エルフ村の姦落 〜恥辱と快楽の宴〜
関連記事

▼おすすめ記事▼

コメント

非公開コメント