彼女の肢体に付いたアイツの唇痕 〜幼馴染みの巨乳彼女は先輩の大きな腕に包まれ淫蕩けた笑みを浮かべる〜

200731[2] "5年ぶりに戻ってきた街で、誠一は幼馴染みの遥奈と出会う。 久々に会った彼女は、すっかり女の子っぽくなっていた。 昔のように親しげに話しかけてくれる遥奈だったが、誠一はそれを素直に受け入れることが出来なかった。 何故なら、母親の浮気が原因で離婚に至ったことで、異性との積極的な交流に躊躇するようになってしまったからだった。 それでも幼馴染みだからという理由で積極的に話しかけてくれる遥奈。 そんな彼女の健気さに誠一は段々と心を開いていき、やがて異性として意識するようになる。"



今回の記事の商品はコチラから購入可能


彼女の肢体に付いたアイツの唇痕 〜幼馴染みの巨乳彼女は先輩の大きな腕に包まれ淫蕩けた笑みを浮かべる〜

彼女の肢体に付いたアイツの唇痕 〜幼馴染みの巨乳彼女は先輩の大きな腕に包まれ淫蕩けた笑みを浮かべる〜
関連記事

▼おすすめ記事▼

コメント

非公開コメント