ママの妹の童貞教育 〜ひきこもった僕は外出せずに中出しする〜 その1 アパタイト ▼体験版あり

200823[5] "ある日を境に引きこもりとなった僕。 ありがたいことに、両親はあまりうるさく言ってこない。 「孝太くーん。夕ご飯、できたわよ」 声の主は――母ではない。 母の妹の御手洗美紀さんだ。 現在、両親は長期の旅行中である。 両親の留守中に僕の世話をするという名目で、叔母さんが押しかけてきたのだ。 もちろん、好き好んで叔母が来るわけもない。 母が叔母を呼んだのだろう。 (やっぱり……きれいだな……。色っぽいし……) 僕は、この美人の叔母と二人きりで過ごすうち、欲望を我慢しきれなくなり、 自慰行為に耽る……が、そこを見つかってしまう。 「ああぁ……臭い……。栗の花の香りが充満しているわ」 そして、二十代後半の美女は、意味ありげな含み笑いをし……"




今回の記事の商品はコチラから購入可能


https://jp.pornhub.com/view_video.php?viewkey=ph5e2220c71e295

ママの妹の童貞教育 〜ひきこもった僕は外出せずに中出しする〜
関連記事

▼おすすめ記事▼

コメント

非公開コメント