僕のエルフお姉さん Lilith [リリス] その1

200913[15] "現代に限りなく類似した世界。 だが、この世界には『エルフ』と呼ばれる、人間とは違う知的生命体と共存する世界だった。 エルフがいつから存在し、いつ人間とは違うものとして進化したのか―― 何故エルフと人間、2つの知的生命体が同時に生まれたのか―― その謎を探求する学問は『エルフ学』と呼ばれていた。 主人公、『霧原拓真』の父『霧原龍太郎』は、大学にてエルフ学を研究する教授で、この分野での第一人者でもあった。 そんな主人公親子の家には、1人の女性エルフが下宿し、彼らと同居している。 彼女の名は『ソフィア・アルディス・フェアグリン』 エルフ学の研究者である龍太郎はエルフとの交流が頻繁にあり―― 拓真とソフィアは幼い頃から一緒に遊んでいた幼馴染でもあった。 ソフィアの父からの提案により、ソフィアは人間側の研究に協力する為、龍太郎のゼミに特別臨時講師兼、研究対象サンプルとして大学に籍を置き、毎日大学へと通っていた。 姉と弟のように仲良く過ごしてきたソフィアと拓真だったが―― 成長するにすれその気持ちに変化が生じていた。 お互いを異性として意識し始めている事を、拓真もソフィアも心の奥底では理解をしていたが―― 幼馴染という関係から、今一歩踏み出せないまま、一つ屋根の下での生活を過ごしていた。 そんなある日、龍太郎が海外での研究発表の為に数日間家を留守にする。 二人きりになった姉と弟のような幼馴染は、お互いの気持ちを確かめ合い、ついに恋人同士として結ばれる。 幸せの絶頂にいる拓真とソフィア。 だが、その二人に忍び寄る暗い影。 初々しい恋人たちの仲を引き裂く物語が、重々しく幕を上げようとしていた。"



今回の記事の商品はコチラから購入可能


僕のエルフお姉さん

僕のエルフお姉さん
関連記事

▼おすすめ記事▼

コメント

非公開コメント