父が娘を犯す時 じじぃと娘。

d_127752pr.jpg
"竹山一也は毎日朝早くに家を出て、夜遅くに帰宅する日々を送っていた。 その日も夜遅くに帰宅した一也は、風呂に入りふと思う。こんな人生でいいのだろうか?と。 やりたいことはないのか?と考えた一也は、若い女を犯したいと思い至った。 風呂を出ると、妻と娘がテレビを見ていた。 一也は娘を見て気づく。ここに若い女が居るじゃないかと。" 父が娘を犯す時

■サンプル画像ページ




父が娘を犯す時
関連記事

▼おすすめ記事▼

コメント

非公開コメント